食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民畜酪農対策委、30年度畜産物価格は対策委幹部に一任

 自民党の畜産・酪農対策委員会(赤澤亮正委員長)が13日、党内で開かれ、前回に続き平成30年度畜産物価格について議論された。出席した議員からはマルキンの早期拡充と飼料の地域格差への対応、ふん尿処理施設への補助について意見が出された。畜産物価格についてはそれらの意見を踏まえ、畜産・酪農対策委員会の幹部に一任することが了承された。
 マルキンの早期拡充について農水省の枝元真徹生産局長は「大綱において法制化した牛マルキンについては日EU、TPP発効の日とあり、それが基本であると思っている」との認識を示した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top