食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民畜酪農対策委、30年度畜産物価格は対策委幹部に一任

 自民党の畜産・酪農対策委員会(赤澤亮正委員長)が13日、党内で開かれ、前回に続き平成30年度畜産物価格について議論された。出席した議員からはマルキンの早期拡充と飼料の地域格差への対応、ふん尿処理施設への補助について意見が出された。畜産物価格についてはそれらの意見を踏まえ、畜産・酪農対策委員会の幹部に一任することが了承された。
 マルキンの早期拡充について農水省の枝元真徹生産局長は「大綱において法制化した牛マルキンについては日EU、TPP発効の日とあり、それが基本であると思っている」との認識を示した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top