食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

齋藤農相、卸売市場法改正法案が閣議決定「速やかな国会審議を」


 齋藤農相は6日の閣議後会見で「卸売市場法および食品流通構造改善促進法の一部を改正する法律案」を含む農水省関係の6法案が閣議決定されたことを報告し「政策推進のための重要な法案であり、速やかな国会の審議をお願いしたい」と述べた。8日にチリで署名式が行われるTPP11については国内手続きを早急に進めることと11カ国が国内手続きを進めて早期の発効を実現することのほか、トランプ米大統領の鉄鋼輸入品に対し25%の関税を課す方針について注視して行く必要があるとの認識を示した。
 そのほかアカデミー賞授賞式後のパーティーのメニューに宮崎牛が採用されたことを受けて、大変喜ばしいと喜びの声を語った。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top