食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

常陸牛枝共、名誉賞に宇都木さん、コシヅカが単価3,558円で購買


 第45回茨城県常陸牛枝肉共励会(主催=茨城県常陸牛振興協会)が7日、東京食肉市場で開催され、黒毛和種79頭が出品され、審査の結果、名誉賞に宇都木孝浩さん出品の去勢牛が輝いた。受賞牛は格付A5、枝肉重量512kg、ロースしん面積91㎠で「肉質が申し分ない上、ロースしんは大きく、バランスのとれた枝肉」と評され、キロ単価3,558円で(株)コシヅカが購買した。共励会には前日の交流会(前夜祭)から、ボクシング世界スーパーバンタム級王者で、1日に初防衛した岩佐亮佑選手が駆けつけ激励。褒賞授与式のあと、宇都木さんと記念撮影し、岩佐選手のはからいでチャンピオンベルトと名誉賞記念品を交換する場面もみられた。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top