食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

HACCP義務化、経過措置1年で21年開始か—食衛法改正案提出


 政府は13日、食品衛生法等の一部を改正する法律案を閣議決定し、国会へ提出した。法案では、すべての食品等事業者を対象としたHACCPに沿った衛生管理の制度化について、施行は公布から2年、経過措置期間は1年と規定している。HACCPの制度化は、今国会で法案が原案どおり成立すれば、速やかに公布され、2020年に施行したあと経過措置を経て21年からスタートする見通し。
 改正法案は、食品衛生法のほか、と畜場法、食鳥処理の事業の規制および食鳥検査に関する法律も含み、原則としてすべての食品等事業者、と畜業者や食鳥処理業者に、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施を求める。ただし、規模や業種等を考慮した一定の営業者については、取り扱う食品の特性等に応じた衛生管理とする。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top