食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

トルコ産鶏肉初上陸レセプション、日本市場への輸出拡大に期待感


 昨年9月に輸入解禁となったトルコ産鶏肉の日本初上陸を記念したレセプションが13日、東京・渋谷区のトルコ大使館で開催された。
 トルコ産鶏肉については、住商フーズが解禁直後からHASTAVUK社(Bursa工場)からの輸入を行っており、日本市場への提案を進めている。HASTAVUK社はひなの孵化から加熱加工まで一貫生産を行っており、トルコ国内で親鳥の供給では最大手。輸出は中東向けがメインであり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、ますますインバウンド需要が高まる日本市場において、ハラル対応が可能なのも大きな強みとなりそうだ。Bursa工場は2013年稼働の最新鋭の工場であり、真空包装機、急速凍結設備を所有。BRC、HACCP認証を受けており、処理羽数は18万羽/日に上る。グリラー、骨付きモモ、ドラム、サイ、チューリップ、ムネ、手羽関係、鶏まつばなどの商品が製造可能だ。住商フーズでは、当面月間500t、年間6千tの供給を目ざしていく。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top