食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

トルコ産鶏肉初上陸レセプション、日本市場への輸出拡大に期待感


 昨年9月に輸入解禁となったトルコ産鶏肉の日本初上陸を記念したレセプションが13日、東京・渋谷区のトルコ大使館で開催された。
 トルコ産鶏肉については、住商フーズが解禁直後からHASTAVUK社(Bursa工場)からの輸入を行っており、日本市場への提案を進めている。HASTAVUK社はひなの孵化から加熱加工まで一貫生産を行っており、トルコ国内で親鳥の供給では最大手。輸出は中東向けがメインであり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、ますますインバウンド需要が高まる日本市場において、ハラル対応が可能なのも大きな強みとなりそうだ。Bursa工場は2013年稼働の最新鋭の工場であり、真空包装機、急速凍結設備を所有。BRC、HACCP認証を受けており、処理羽数は18万羽/日に上る。グリラー、骨付きモモ、ドラム、サイ、チューリップ、ムネ、手羽関係、鶏まつばなどの商品が製造可能だ。住商フーズでは、当面月間500t、年間6千tの供給を目ざしていく。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top