食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民農林会議、グローバル・ファーマーズ・プロジェクトまとめる


 自民党農林部会などの合同会議が30日、党内で開かれ、輸出促進戦略「グローバル・ファーマーズ・プロジェクト」が取りまとめられた。輸出戦略では従来のうすく広くの政策から転換し、真に結果を出しうる輸出業者を支援する。そのために、輸出業者が登録する「グローバル・ファーマーズコミュニティー」を形成。グローバル産地の形成を支援するとともに、365日マッチング可能な場を提供するとしている。さらには、日本の食ブランド確立のために、戦略的マーケティングを行っていくことで、輸出額1兆円以上を目ざす。今夏中に特設サイトを公開予定。
 会議で小泉進次郎農産物輸出促進対策委員長は「農林水産物の輸出についていえば、まだまだ日本は輸出途上国だ。しっかりと真に結果を出しうるプレーヤーをどうやって支えていけるのか。必要な方に必要な支援をして、成功事例を産んで、さらに1兆円を超えたその先の目標に向かっていくアプローチを考えた」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top