食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

自民農林会議、グローバル・ファーマーズ・プロジェクトまとめる


 自民党農林部会などの合同会議が30日、党内で開かれ、輸出促進戦略「グローバル・ファーマーズ・プロジェクト」が取りまとめられた。輸出戦略では従来のうすく広くの政策から転換し、真に結果を出しうる輸出業者を支援する。そのために、輸出業者が登録する「グローバル・ファーマーズコミュニティー」を形成。グローバル産地の形成を支援するとともに、365日マッチング可能な場を提供するとしている。さらには、日本の食ブランド確立のために、戦略的マーケティングを行っていくことで、輸出額1兆円以上を目ざす。今夏中に特設サイトを公開予定。
 会議で小泉進次郎農産物輸出促進対策委員長は「農林水産物の輸出についていえば、まだまだ日本は輸出途上国だ。しっかりと真に結果を出しうるプレーヤーをどうやって支えていけるのか。必要な方に必要な支援をして、成功事例を産んで、さらに1兆円を超えたその先の目標に向かっていくアプローチを考えた」と述べた。

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が、酢の酸味がたまらない「酸辣湯」を発売

丸大食品が、酢の酸味がたまらない「酸辣湯」を発売

 丸大食品は、春季新商品として「酸辣湯」(サンラータン)を発売した。夏に食べたくなる商品として、「辛味のある料理」に次いで人気が高まっているのが「酸味のある料理」。そこで、今回はピリ辛さの中にも酢の酸味が感じられる酸辣湯を新発売した。 鶏肉...
More
Return Top