食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

自民農林会議、グローバル・ファーマーズ・プロジェクトまとめる


 自民党農林部会などの合同会議が30日、党内で開かれ、輸出促進戦略「グローバル・ファーマーズ・プロジェクト」が取りまとめられた。輸出戦略では従来のうすく広くの政策から転換し、真に結果を出しうる輸出業者を支援する。そのために、輸出業者が登録する「グローバル・ファーマーズコミュニティー」を形成。グローバル産地の形成を支援するとともに、365日マッチング可能な場を提供するとしている。さらには、日本の食ブランド確立のために、戦略的マーケティングを行っていくことで、輸出額1兆円以上を目ざす。今夏中に特設サイトを公開予定。
 会議で小泉進次郎農産物輸出促進対策委員長は「農林水産物の輸出についていえば、まだまだ日本は輸出途上国だ。しっかりと真に結果を出しうるプレーヤーをどうやって支えていけるのか。必要な方に必要な支援をして、成功事例を産んで、さらに1兆円を超えたその先の目標に向かっていくアプローチを考えた」と述べた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top