食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

畜産統計、肉用牛、豚、ブロイラーの1戸あたり飼養頭羽数は増加


 農水省は3日、平成30年2月1日現在の畜産統計を公表した。それによると、肉用牛、豚、ブロイラーの1戸あたり飼養頭羽数は前年と比べ増加となった。
 具体的に肉用牛は飼養戸数が4万8,300戸で、廃業などにより前年に比べ1,800戸(3.6%)減少した。飼養頭数は251万4千頭で、前年に比べ1万5千頭(0.6%)増加。飼養頭数の内訳をみると、肉用種は170万1千頭で前年に比べ3万7千頭(2.2%)増加した。このうち、子取り用雌牛は61万400頭で、前年に比べ1万3,100頭(2.2%)増加した。また、乳用種は81万3千頭で前年に比べ2万1,700頭(2.6%)減少。1戸あたり飼養頭数は52.0頭で、前年に比べ2.1頭増加した。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top