食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

齋藤農相、平成30年7月豪雨被害「豚肉の卸売価格は昨年並み」


 齋藤農相は13日の閣議後会見で、平成30年7月豪雨を受けての食品流通の状況について「一部の地域でコンビニ、スーパーにおいて欠品、品薄が見受けられるが、解消に向かっている。農産物の価格は、主要な野菜の価格は西日本の産地からの入荷が大阪市中央卸売市場においては一部の野菜で価格が上昇している。牛肉の卸売価格は先週から大きな変更はなく、豚肉の卸売価格は、出荷頭数の減少により一時的に上昇したものの、ほぼ昨年並みの水準となっている」と説明した。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top