食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

3年間事業で新たにスタート、全肉連が食育事業推進委開く


 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は12日、東京・赤坂のアジミックビルで平成30年度「国産食肉理解醸成食育推進事業」事業推進委員会(委員長・服部昭仁北海道大学名誉教授)を開いた。同事業は、日本中央競馬会(JRA)の助成を受け、全肉連が中心となって食肉の流通、安全性、健康面の効用などに関する食育の資料・教材を作成。また県肉連が学童、給食関係者などを対象とした出前講座、研修会、子育て世代の主婦や親子等を対象とした食育料理セミナー、体験交流会などを行い、食肉の生産および流通の理解醸成と需要拡大に資するもの。昨年度単年度事業だったが、今年度から新たに3年間の事業としてスタートした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top