食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

齋藤農相、日EU・EPA署名「検疫の条件クリアを早急に進める」


 齋藤農相は17日の閣議後会見で日EU・EPAの署名について「私どもとしては、今後は昨年11月に改訂した総合的なTPP等関連政策大綱に基づいて万全の対策を講じるということとしている。新たな国際環境の下でも、安心して農林水産業の再生産に取り組めるよう万全を尽くしていかなくてはいけないということを改めて感じていると同時に、EUというのは、日本食についての関心の高い方が多い地域でもある。今回、農林水産物の関係の関税がほとんどが撤廃されるということであり、検疫の条件クリアを早急に進めて、輸出拡大につながるようにもあわせて努力していきたい」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top