食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

29年度食料自給率、カロリー前年同、生産額2ポイント減少


 農水省は9日、平成29年度の食料自給率を公表した。平成29年度はカロリーベース食料自給率が前年度と同じ38%、生産額ベース食料自給率が前年比2ポイント減の65%となった。国内生産量は牛・鶏肉が増加となったものの、豚肉が減少となった。
 平成29年度のカロリーベース食料自給率は平成28年に天候不順で減少した小麦、てんさいの生産が回復した一方で、食料消費全体に占める米の割合が減少したことや、畜産物の需要増に対応し、国産品が増加したものの、輸入品がより増加したことなどにより、38%となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top