食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連が新需要事業全国協議会、低需要部位の加工化5県で実施へ


 全国食肉事業協同組合連合会は、平成30年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業の全国協議会(座長・服部昭仁北海道大名誉教授)を7日、東京・赤坂のアジミックビルで開いた。事業は、農畜産業振興機構の助成を受け、若年者や高齢者が求める国産食肉のおいしさに着目した栄養・機能性成分の科学的訴求ポイントとともに、消費者ニーズの変化に対応した食肉加工品の開発方法などの検証を行い、食肉専門店を利用する機会が多い高齢者・子育て世代をターゲットに、国産食肉の販路開拓を図るもの。協議会は、生産・流通・小売・消費の各団体関係者、学者ら11人の委員で構成。会合では、昨年度事業の成果を報告し、今年度の事業について説明を受け、実施内容を確認した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティン...
More
Return Top