食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

30年度第2四半期肉用子牛補給金、その他肉専で1万6千円


 農水省は19日、肉用子牛生産者補給金制度における平成30年第2四半期の指定肉用子牛の平均売買価格と補給金単価を告示した。
 今期はその他の肉専用種で平均売買価格が保証基準価格を下回ったため、1万6千円の生産者補給金が交付されることとなった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top