食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

TPP11各国手続き11月にも完了、来年1月発効の見通し


 茂木敏充経済再生担当相は19日の記者会見でTPP11各国が手続きを終了する見込みとの認識を示し、引き続き日本が主導的な役割を担っていく考えを示した。
 TPP11は効力発生の要件として、同協定の署名国の過半数の国が「それぞれの関係する国内法上の手続きを完了した」と書面によりニュージーランドに通報した日のあと、60日で効力を発生すると規定している。手続きが終了した国は日本、メキシコ、シンガポールで、ニュージーランド、オーストラリア、ベトナム、カナダが手続きを進めている。11月にも6カ国以上の手続きが終了すれば、来年1月にも発効となる。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top