食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民TPP総合対策実行本部、TPPの最新動向を報告

 自民党のTPP総合対策実行本部が4日、党内で開かれ、TPPを巡る最近の動向について報告された。会合ではTPPの国内の動きについて先般行われた石原伸晃経済再生担当相のよる米国、ニュージーランド、シンガポール、マレーシアなどTPP各国要人との会談結果が説明された。報告によると、TPP協定の早期発効に向けた機運を高めるためにも、速やかに国内手続きを進めることで各国と一致するとともに、引き続き「再交渉はあり得ない」との認識を共有して対応することを確認したとしている。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。  価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨...
More
Return Top