食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

衆院農水委で平成31年度畜産関連対策について質疑


 衆議院の農林水産委員会が11日、院内で開かれ、平成31年度畜産関連対策について質疑された。議員らからは畜産クラスターやTPPについて意見が出された。
 自民党の坂本哲志議員は畜産クラスター事業の大規模経営への支援中心で家族経営には厳しいと指摘。これに対し農水省の枝元真徹生産局長は「畜酪の会議で酪農に対して調査し、規模拡大が26%、規模を維持したい・規模を縮小したいが70%、離農したいが2%という状況となっている。それぞれさまざま課題がある。規模拡大したい方はクラスター事業、規模を維持したい方にもクラスター事業で支援できる。さまざまな施策がある。離農したい方には、第三者に引き継いでいただくことや新規参入で対応する。それらの施策が現場に十分に伝わっていない。それぞれの課題に応じて、どういう対策が必要か、それをどう現場と一体となって、その方がたに伝えていくかが大事と思っている。」と答弁した。

◆行政・統計

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

 農水省まとめによる令和2年12月の食肉流通統計がこのほど公表され、2020年内の同統計が出そろった。本紙ではこれらをもとに、20年次(1〜12月累計)の牛.豚.馬肉の生産数量を試算した。 それによると、牛の合計と畜頭数は105万1,755...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

 丸大食品は22日、役員人事、組織変更を発表した。概要は次のとおり [代表取締役の異動](21年6月下旬予定)代表取締役社長(常務執行役員)佐藤勇二〈写真〉▽特別顧問(代表取締役社長)井上俊春〈※6月下旬開催予定の定時株主総会および同株主総...
More
Return Top