食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

岐阜県山県市で豚コレラの疑似患畜を確認、国内11例目


 農水省は7日、岐阜県山県市の養豚農場で豚コレラの疑似患畜が確認されたと発表した。国内11例目で岐阜では9例目となる。
 経緯は岐阜県が3月6日、食欲不振の豚がいるとの農場からの報告を受け、家畜防疫員が立入検査を実施。同日、家畜保健衛生所での検査により豚コレラの疑いが生じたため、精密検査を実施したところ、7日に豚コレラの疑似患畜であることが確認された。食欲不振の豚のほか、母豚の早産もあったが死亡豚はなかった。発生農場の飼養状況は1296頭となっている。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top