食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全農肉牛枝共、名誉賞は単価1万1,111円で小川畜産興業(株)購買

 JA全農は5日、東京食肉市場で「第21回全農肉牛枝肉共励会」を開催。16都県から黒毛和種去勢190頭、同雌79頭、交雑種31頭の計300頭が出品され、厳正なる審査の結果、名誉賞には宮城県の佐々木敏朗氏が出品した黒毛和種去勢(A5、枝肉重量570kg)が輝き、キロ単価1万1,111円で小川畜産興業㈱が購買した。
 審査講評では「名誉賞の枝肉は非常に充実した枝肉であり、皮下脂肪が非常に薄く、歩留基準値は83.5ときわめて高かった。脂肪交雑はBMS No12で、キメの細かさは抜きん出ており、審査員の満票で名誉賞となった」と評された。名誉賞以外の上位入賞牛出品者は次のとおり。(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top