食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚コレラ・アフリカ豚コレラ、関係者一丸となり食い止めを

 豚コレラが関東に拡大し、アフリカ豚コレラが韓国で初めて確認され、畜産関係者はこれを死活問題と受け止めてこれまで以上の対策を望む声をあげている。
 農水省はこれまで豚コレラ対策について、ウイルスの日本全国への拡散を防ぐため、東日本・西日本で経口ワクチンをベルト状に散布すること、猟を効果的に活用するなどの野生猪対策や養豚農場における飼養衛生管理基準の順守指導を繰り返し徹底するとともに、早期出荷促進対策の働きかけを強化する感染経路遮断対策などをとっている。
 また手当金の早期支払い・支援策について、生産者の経営再開に向けた不安の解消や課題の解決に努める早期経営再開の後押しのほか、家畜防疫官の増員や動植物検疫探知犬の増頭など水際検疫体制強化などさまざま対策を用いて日夜全力で対応している。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top