食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

第7回畜産部会、酪肉近の策定に向け肉用牛・食肉関係を議論

 農水省は6日、省内で第7回「食料・農業・農村政策審議会畜産部会」を開き、酪肉近の策定に向けて肉用牛・食肉関係について議論した。
 農水省によると、肉用牛・食肉関係の課題は(1)国内の食肉消費が増加する一方、アフリカ豚コレラの発生に伴う中国の輸入増加などにより安定的に輸入できなくなるおそれがあること(2)世界の牛肉マーケットの拡大に加え、日米合意により対米輸出枠が大幅に増加するなど輸出が追い風であること(3)国民に対して将来にわたって食肉を安定供給するとともに、さらなる輸出拡大を実現するためには繁殖基盤の強化、経営体質の強化などの取り組みによる国内の生産基盤の強化が必要不可欠—–の3点をあげている。また後継者不足の家族経営は規模拡大せずに経営を継続する傾向があり、規模拡大を図る施策だけでは現場のニーズに対応するのは困難としたうえで、主として規模拡大に取り組んできたクラスター事業以外で地域全体で家族経営の資源を計画的に継承していく仕組みを構築し、生産基盤の維持・強化を図っていくことが必要と指摘した。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top