食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

ジビエ加工処理施設の現状

 「野生の鳥獣肉=ジビエ」の言葉を耳にするようになって久しい。主に発信源は小規模のレストランなど外食業中心だが、「供給元」である山間部地域でも動きは活発。ジビエ振興がとくに盛んといわれる長野県など山間部を多く持ち、鳥獣被害に頭を悩ませる地域では近年続々と、猪・鹿肉の加工処理施設が新設されている。

 これは従来、猟師とその周辺の地域住民の間で捕獲・流通していたジビエ肉を、新たな地域の特産品として利活用することで、結果として鳥獣害対策にもつながるという「一石二鳥」のプランを各自治体が採用し、多くの予算を補助しているためだ。

 思惑どおり、ジビエ加工施設が全国に増えていくことで流通量が増え、将来的にジビエは「牛・豚・鶏肉」に続く新たな食肉としての認知度を確保していくのか。現状の課題とそれに向けての取り組みを紹介する(記事全文「週刊 食肉通信」2016年10月25日号掲載)

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top