食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

2年度の肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格は据え置き

 自民党の畜産・酪農対策委員会が11日、党内で開かれ、令和2年度の畜産物価格とALIC事業による関連対策が提示された。2年度は肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格について、すべて据え置きとなった。
 具体的に肉用子牛の保証基準価格は、黒毛和種が54万1千円、褐毛和種が49万8千円、その他の肉専用種が32万円、乳用種が16万4千円、交雑種が27万4千円となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top