食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

平成28年鳥取中部地震の被害状況、林野中心に被害額1・4億円

 農水省が25日に公表した平成28年鳥取県中部を震源とする地震による被害状況によると、24日時点で被害額が1・4億円にのぼっていることがわかった。まだ調査中の段階だが、とくに林野関係の被害が出ており、林地荒廃が5カ所、林道施設等が2カ所に被害が出ている。
 農林水産省の対応は、21日に中国四国農政局が災害対策本部を設置し、第1回、第2回会合を開催。同日、鳥取県を中心とした地震による農地・農業水利施設等への被害に関する技術指導の徹底について、生産局、農村振興局及び政策統括官から通知を発出している。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top