食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

全国霜降り牛研究会秋季講演会、松永牧場・松永専務などが講演

 全国霜降り牛研究会は26日、東京・千代田区の如水会館で秋季講演会を開催した。
 主催者を代表して山口登副会長は「今回の講演も皆さまの関心のあるものばかりで、大変参考になると思う。研究会をますます盛り上げ、講演を通しての技術提供で経営の向上につながればと思う」とあいさつした。
 来賓では、日清丸紅飼料(株)の川合紳二社長が「国内の畜産は厳しい状況だが、和牛は世界で認められており、生産者が努力を続ける限り、不安はないと思う。飼料メーカーとして、これからも生産者と一緒に歩んでいきたい」と述べた。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top