食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

酪肉近構成案、改良目標骨子案を提示—畜産部会

 30日に開かれた「食料・農業・農村政策審議会畜産部会」で酪肉近構成案と改良目標骨子案が示された。今後、3月下旬の答申を目ざし議論を深めていく。
 酪肉近構成案は「生産基盤強化策」「需要に応じた生産・供給の実現、流通の合理化」「持続的な発展のための対応」の3本立てで、海外市場を含め拡大が見込まれる需要にこたえるための生産基盤の強化と次世代に継承できる持続的な生産基盤の創造について記述していく。
 生産基盤強化策で肉用牛の方向性については、新たな国際環境下における牛肉の安定供給、新たな市場獲得のため、「和牛の繁殖雌牛の増頭」「和牛肉生産量の増大」「輸出の大幅な拡大」を目ざし、中小規模の家族経営や公共牧場・外部支援組織などの活用も含めた増頭、酪農経営による和牛受精卵の利用、経営資源の継承などを推進する。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top