食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

江藤農相、令和12年肉用牛303万頭目標「過大な数字ではない」

 江藤農相は24日の閣議後会見で令和12年度の肉用牛303万1千頭目標を受けて「303万頭に向かって、14万9千tしかない現在の国内の和牛の生産能力を大幅にアップして、いま、コロナでいったん停止にはなっているが、近く解禁されるであろう中国、アジアのマーケット。アメリカの6万5,005tのWTOの低関税枠に併せてEUへの輸出も含めて、大いに日本の和牛を世界に発信していきたいということであれば、生産の母体というものを大きくしていかなければならない。中国自体が年間の輸入量、牛肉の輸入量自体が100万tをはるかに超えているという輸入大国であり、われわれが10万tをたとえば出すとしたら、国内には4万t、5万tしかないことになり、決してこの303万頭という数字が過大な数字ではない」と述べた。

◆行政・統計

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

 総務省統計局が公表した2月家計調査報告(2人以上世帯=1世帯あたり・品目別)によると、肉類支出金額は7,456円(前年同月比27%増)。前月までに比べ伸び率は落ち着きつつあるものの、昨年2月は新型コロナの感染拡大が国内でも警戒され始めた時...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

 一般社団法人日本養豚協会(JPPA、日本畜産物輸出促進協議会豚肉輸出部会事務局)はこのほど、タイにおける豚肉マーケット調査報告書を取りまとめ、ホームページに公表した。同調査は日本産豚肉の海外市場拡大のため、2020年度の豚肉輸出事業として...
More

◆製品

More
Return Top