食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

江藤農相、令和12年肉用牛303万頭目標「過大な数字ではない」

 江藤農相は24日の閣議後会見で令和12年度の肉用牛303万1千頭目標を受けて「303万頭に向かって、14万9千tしかない現在の国内の和牛の生産能力を大幅にアップして、いま、コロナでいったん停止にはなっているが、近く解禁されるであろう中国、アジアのマーケット。アメリカの6万5,005tのWTOの低関税枠に併せてEUへの輸出も含めて、大いに日本の和牛を世界に発信していきたいということであれば、生産の母体というものを大きくしていかなければならない。中国自体が年間の輸入量、牛肉の輸入量自体が100万tをはるかに超えているという輸入大国であり、われわれが10万tをたとえば出すとしたら、国内には4万t、5万tしかないことになり、決してこの303万頭という数字が過大な数字ではない」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top