食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

新型コロナで農畜産物輸出に打撃、和牛は香港向け3割、欧米ゼロか

 JA全農は24日の臨時総代会後の会見で、新型コロナウイルスによる輸出事業への影響について説明。桑田義文専務は「新型コロナによる痛みが最も大きいのが輸出事業。北米、アジア、ヨーロッパいずれも程度の差はあるが、入国すると14日間は缶詰状態で、この壁を乗り越えてわざわざ入国することになり事実上の鎖国状態だ。加えて外出の規制や飲食店の営業の制限が厳しく敷かれ、2月、3月、これから4月と時間を追うごとに日本の農畜産物の輸出に大きな影響が出ている。たとえば和牛は4月以降、香港では例年の3割くらいに落ちるとみている。欧米では全く輸出ができる見込みがたっていない。すべての外食店舗がクローズになり、ほぼゼロになるような状況」とした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top