食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

新型コロナで農畜産物輸出に打撃、和牛は香港向け3割、欧米ゼロか

 JA全農は24日の臨時総代会後の会見で、新型コロナウイルスによる輸出事業への影響について説明。桑田義文専務は「新型コロナによる痛みが最も大きいのが輸出事業。北米、アジア、ヨーロッパいずれも程度の差はあるが、入国すると14日間は缶詰状態で、この壁を乗り越えてわざわざ入国することになり事実上の鎖国状態だ。加えて外出の規制や飲食店の営業の制限が厳しく敷かれ、2月、3月、これから4月と時間を追うごとに日本の農畜産物の輸出に大きな影響が出ている。たとえば和牛は4月以降、香港では例年の3割くらいに落ちるとみている。欧米では全く輸出ができる見込みがたっていない。すべての外食店舗がクローズになり、ほぼゼロになるような状況」とした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top