食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

中小事業者に「持続化給付金」など—新型コロナ緊急経済対策

 政府は7日、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(事業規模108.2兆円)と令和2年度補正予算案を閣議決定した。新たに補正予算を編成し、前例にとらわれることなく、財政・金融・税制といったあらゆる政策手段を総動員することで、思い切った規模の経済対策を策定したもの。
 食肉卸・小売をはじめ多くの業界関係企業が含まれる中小・小規模事業者等への支援としては、万全のセーフティーネットを構築すべく、事業の継続を支え、事業全般に広く使える、再起の糧とするための新たな給付金制度を創設。具体的には「持続化給付金」として、事業収入が前年同月比50%以上減少した事業者について、中堅・中小企業は上限200万円、個人事業主は上限100万円の範囲内で、前年度の事業収入からの減少額を給付する。その際、苦境にある事業者等に対し、確実に制度の概要が伝わるよう事前の周知に注力するとともに、文化芸術をはじめ幅広い業態の特殊性も踏まえ、申請者の事務負担を考慮し、電子申請を原則とするなど、可能な限り簡便な手続きとし、申請から給付までの期間を極力短くする。
 経産省によると「持続化給付金」は、補正予算案額2兆3.176億円。給付対象者が中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等で、新型コロナウイルス感染症の影響により、売り上げが前年同月比で50%以上減少している者。給付額は、「前年の総売上(事業収入)」から「前年同月比マイナス50%月の売上×12カ月」を差し引いた額で、法人は2,00万円以内、個人事業者等は100万円以内の範囲で支給する。詳細な条件や申請方法などは決定次第速やかに公表。問い合わせは中小企業庁金融・給付金相談窓口、電話03(3501)1544まで(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top