食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

和牛肉保管在庫支援事業、食肉卸の経費助成、実施期間は4年度まで

 農畜産業振興機構は、政府の令和2年度補正予算で実施する新型コロナウイルス感染症にかかわる畜産支援対策について、各事業の実施要綱を発表した。それによると、「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」(予算額499億8,600万円)は、新型コロナウイルスの影響で、インバウンドや外食の需要が大幅に低下したことで、和牛肉の需要が低下し価格が急落。これに伴い和牛肉在庫が積み上がっており、この状況が続けば、と畜場への出荷滞留が懸念され、肥育農家や繁殖農家にも悪影響が及ぶ恐れがあるため、和牛肉の販売促進計画を作成した食肉卸売事業者による余剰在庫を販売するまでの間の保管などの取り組み、販売促進計画に基づき食肉卸売事業者が余剰在庫を販売した取り組みおよび、これらの取り組みを支援する事業に対し補助を行い、積み上がった在庫の解消を図るとともに、生産の安定に資するもの。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top