食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

安倍首相、コロナ対応「緊急事態措置を全都道府県に拡大」

 安倍首相は16日、首相官邸で第29回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、緊急事態措置を全都道府県に拡大すると発表した。
 安倍首相は「本日、諮問委員会からも賛同をいただき、4月7日に宣言した緊急事態措置を実施すべき区域を、7都府県から全都道府県に拡大することとする。実施期間は5月6日までに変更はない。まず、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県および京都府の6道府県については、現在の対象区域である7都府県と同程度にまん延が進んでおり、これら以外の県でも、都市部からの人の移動などによりクラスターが各地で発生し、感染拡大の傾向がみられることから、地域の流行を抑制し、とくに、ゴールデンウイークにおける人の移動を最小化する観点から、全都道府県を緊急事態措置の対象とすることとした」と説明。対策については「今回、緊急事態宣言を全国に拡大することによって、すべての国民にさらなる協力をしてもらうことになる。緊急経済対策では、収入が著しく減少し、厳しい状況にある家庭に限って、1世帯あたり30万円を給付する措置を予定していたが、この際、これに代わり、さらに給付対象を拡大した措置を講ずべきと考える。今回の緊急事態宣言により、外出自粛をはじめさまざまな行動が制約されることとなる全国すべての国民を対象に、一律、1人あたり10万円の給付を行う方向で、与党で再度検討を行ってもらうこととする」との考えを示した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top