食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

優良子牛生産緊急対策、5月は全品種発動基準上回り交付なし

 農畜産業振興機構は8日、優良肉用子牛生産推進緊急対策事業の全国平均価格(令和2年5月分)を公表した。同事業は、新型コロナウイルスの影響による枝肉価格の低下に伴い、子牛価格が急落している中、肉用子牛生産者の意欲を高め、生産基盤の維持・強化を図るため、家畜市場における肉用子牛の取引平均価格が発動基準を下回った場合に、経営改善を図る生産者に奨励金を交付するもの。12日にも成立が見込まれる、国の令和2年度第2次補正予算で予算化されている。それによると、5月は黒毛和種の全国平均価格(消費税込み)が1頭あたり61万4,695円(発動基準価格A=60万円、B=57万円)、褐毛和種は57万9,332円(A=55万円、B=53万円)、乳用種は24万2,976円(A=18万円、B=17万円)、交雑種は35万9,755円(A=30万円、B=29万円)となった。全品種で全国平均価格が発動基準価格Aを上回ったため、奨励金交付の発動はない。なお、その他の肉専用種の全国平均価格は5〜10月分として11月に公表する。

◆行政・統計

More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top