食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

優良子牛生産緊急対策、5月は全品種発動基準上回り交付なし

 農畜産業振興機構は8日、優良肉用子牛生産推進緊急対策事業の全国平均価格(令和2年5月分)を公表した。同事業は、新型コロナウイルスの影響による枝肉価格の低下に伴い、子牛価格が急落している中、肉用子牛生産者の意欲を高め、生産基盤の維持・強化を図るため、家畜市場における肉用子牛の取引平均価格が発動基準を下回った場合に、経営改善を図る生産者に奨励金を交付するもの。12日にも成立が見込まれる、国の令和2年度第2次補正予算で予算化されている。それによると、5月は黒毛和種の全国平均価格(消費税込み)が1頭あたり61万4,695円(発動基準価格A=60万円、B=57万円)、褐毛和種は57万9,332円(A=55万円、B=53万円)、乳用種は24万2,976円(A=18万円、B=17万円)、交雑種は35万9,755円(A=30万円、B=29万円)となった。全品種で全国平均価格が発動基準価格Aを上回ったため、奨励金交付の発動はない。なお、その他の肉専用種の全国平均価格は5〜10月分として11月に公表する。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度食肉流通経営体質強化促進事業(食肉流通機能強化推進事業)で実施する「食肉惣菜創作発表会」について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、従来とは形を変えて開催することを決定した。...
More

◆製品

More
Return Top