食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

江藤農相、豪雨被害状況「食肉処理場も壊滅的な冠水による被害」

 江藤農相は7日の閣議後会見で豪雨被害状況について「九州農政局によると、畜舎それから食肉処理場も壊滅的な冠水による被害を受けており、枝肉・部分肉なども廃棄処分というような中でどのような対応ができるか。検討を昨日夕方から始めている」と述べ、今後について「2次災害もあり、これからまだ雨も強くなるという予報もある。十分な注意を払って、とにかく農水省は、こういうことがあったら、とにかく生産者の方がた、地域の方がたと心を一つにして、現場感覚をもって、全力で取り組むというのが農水省という役所の良いところだと、私は強く信じている。今回のコロナにおける支援の内容や、そういったものも全部パッケージで追加の対策が必要であれば、それも考えるということも含めて、政策を整理している。そして現場の方がたに、いまは絶望の淵に沈んでいらっしゃる方も多いと思うが、少しでも元気付けられるように、作業を急ごうと思っている」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ...
More

◆製品

More
Return Top