食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

引き続き豚の出荷頭数は減少傾向、枝肉価格は底堅い展開か

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向となっており、とくに東京都では7月に入ってから連日多くの感染者が出るなど、懸念されていた〝第2波〟が現実のものとなりつつある。こうした事態により、ようやく人の姿が増えつつあった飲食店などでは再び厳しい状況に追い込まれている一方、量販店などでは引き続き強い内食傾向が底支えし、堅調な需要が継続。例年同様、出荷頭数が減少する中、輸入物の生産減少や価格高騰などもあり、枝肉相場は実需以上の高値で推移している。
 東京食肉市場の6月の月間加重平均をみると、上物が624円、中物も603円と、5月に続いて「上」「中」ともに600円超えとなったが、7月はそれを上回る相場展開となっており、700円を超える日もみられた。全国と畜頭数は6万頭を割り込む日も多く、PEDや種付不良の影響などもあって頭数はなかなか増えてこない。また、長梅雨が続きなかなか気温が上がらなかった昨夏と比べると、気温が比較的高い日も多く、猛暑日もみられ、今後の肉豚の生育への影響も懸念される。農水省の肉豚生産出荷予測(6月24日発表)によると、7月の出荷頭数は129万頭と、前年同月からは5%の減少を予測している(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

 農水省は22日、省内で家畜衛生主任者会議を開催し、令和3年度家畜衛生対策などについて協議した。同会議には各農政局、各都道府県、動物検疫所、動物医薬品検査所、農研機構動物衛生研究部門、FAMIC、省内関係部局担当者らなど関係者が参加した。 ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

 神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は22日、「神戸ビーフ・但馬牛応援キャンペーン」を4月26日から5月31日の期間、開催すると発表した。期間中、指定登録店で税込3千円以上「神戸ビーフ」「但馬牛」を購入・喫食すると、抽選で3千人に、6個入り...
More

◆製品

More
Return Top