食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

国産鶏肉モモ冷凍在庫なく年末へ、ムネも不足し高値警戒

 新型コロナウイルスの影響で内食需要は底堅いが、感染拡大が多少抑えられた9月、量販店向け主体の国産鶏肉への引き合いも落ち着きがみられた。4連休も観光地に人出が戻り、家庭内消費はいまひとつ。ただ、産地では猛暑の影響で熱死や成育の悪化がみられ供給が少なく需給が締まる場面もみられ、引き続き相場はおおむね堅調に推移した。モモは需要が落ちる夏場にも引き合いが続き、凍結にほとんど回っていない。例年行われる最大需要期の年末に向けた計画的な冷凍在庫もつくられず、このままいけば生鮮のみの異例の年末商戦を迎え、相当な高値もあり得る。ムネも加工向けを中心に需要が強く、冷凍在庫が不足している。今後、さらなる相場上昇も考えられるが、高くなり過ぎると加工向けは輸入原料へのシフトにつながり、警戒感が強まっている。
 通常なら需要が落ち、相場も下がる夏場に、最大需要期の年末に向けた冷凍在庫を計画的につくる。ことしはコロナ禍の中で2月以降強い引き合いが続き、この夏場を含め一貫して凍結に回すような状況にならず、各社冷凍在庫をほとんどもっていないもよう。今後は季節替わりが進み、気温の低下とともに量販店での鍋訴求も強まり、モモの引き合いはさらに強まっていくだろう。引き続き凍結には回らないとみられ、冷凍在庫がなく、ほぼ生鮮のみの異例の状態で年末商戦に突入していくことが見込まれる。一方、昨年の年末商戦は盛り上がりに欠け、加えて産地での増産が進む中、ほぼ生鮮のみで足りる状況。冷凍在庫の消化が進まず、多くの在庫を抱えての年越しとなった。それを考慮すれば、生鮮のみで対応は可能。余計な冷凍在庫をもたず、生鮮だけで商売をするのに越したことはない。価格も例年に比べ低水準にとどまった前年の年末相場から、相当な高値に向かうことが予想される。ただ、産地からの潤沢な供給が続くことが必要。今後もまだ台風などの災害や、冬になれば鳥インフルエンザ発生の懸念が出てくる。冷凍在庫を抱えないことは供給面のリスクヘッジ低下につながり、不安もつきまとう。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top