食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

需要変化対応で新たに食肉生産流通多角化事業—農水省が概算要求

 農水省は9月30日、令和3年度農林水産予算概算要求の概要を発表した。要求・要望額は総額2兆7,734億円で前年度予算比20・0%増。新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえた予算要求となっており、コロナを契機とした需要変化への対応と流通の革新を目ざす「5兆円目標の実現に向けた農林水産物・食品の輸出力強化と高付加価値化」や、コロナ禍でも揺るがない生産基盤・セーフティーネットの構築に向けた「生産基盤の強化と経営所得安定対策の着実な実施」などを柱に据える。
 畜産関係は、「家畜・食肉の流通体制の強化」として53億円(前年度当初予算30億円)を計上し増額要求。家庭食需要の増加といった国内外の需要の変化に対応するため、産地の食肉処理施設での薄切り肉などの精肉加工に必要な施設の整備等を支援するとし、新たに「食肉生産流通多角化支援事業」を創設、21億円の予算を要求した。新事業では、食肉処理施設における精肉等加工施設・設備および加工食品製造施設・設備の整備を進める「食肉生産流通多角化施設整備支援事業」(概算要求額20億円)を実施し、と畜・部分肉加工を行う食肉処理施設で加工度の高い製品の製造を行うことで、スーパーへの販売や消費者への直販を可能にし、販路を多角化。併せて、輸出に取り組む事業者による輸出先国におけるスライス肉など、従来の部分肉以外の製品の需要・し好調査、パイロット輸出、試食会の開催等に取り組む「和牛肉輸出品目拡大支援事業」(1億円)も実施し、食肉流通の多角化と輸出拡大を図る(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

「GoTo商店街」で地域に活気を、経産省が事業開始

「GoTo商店街」で地域に活気を、経産省が事業開始

 経産省はこのほど、GoTo商店街事業における実施事業者の先行募集を開始した。同事業はGoToキャンペーンのGoToトラベル、GoToイートに次ぐ事業で、各商店街の周辺地域で暮らす消費者や生産者などが「地元」や「商店街」の良さを再認識するき...
More

◆トレンド

和牛相場上昇、GoTo施策など一定の効果か—牛肉マーケット

和牛相場上昇、GoTo施策など一定の効果か—牛肉マーケット

 新型コロナウイルスによる需要減を打破する施策として、行政ではGoToトラベル、GoToイートなどが打ち出され、直近のシルバーウイークは観光地の人出に回復がみられたほか、外食店利用者も増加し、食肉卸売業者からも「コロナ前に近い忙しさだった」...
More

◆国内外の団体

全国食肉公取協・河原会長、景品表示適正化功績者表彰を受賞

全国食肉公取協・河原会長、景品表示適正化功績者表彰を受賞

 全国食肉公正取引協議会の河原光雄会長は15日、消費者庁の令和2年度景品表示適正化功績者表彰を受けた。同日、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館大臣室で表彰式が行われ、井上信治内閣府特命大臣(消費者および食品安全)から表彰状が授与された(写真は...
More

◆製品

日本ハムが第14回キッズデザイン賞「審査委員長特別賞」受賞

日本ハムが第14回キッズデザイン賞「審査委員長特別賞」受賞

 日本ハムは、このほど発表された特定非営利活動法人キッズデザイン協議会主催「第14回キッズデザイン賞」において、子供たちの安全・安心に貢献するデザイン部門で「市販用冷凍食品みんなの食卓シリーズ」が特別賞・審査委員長特別賞を受賞した。 199...
More
Return Top