食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また、気温の低下もあって量販店などでは鍋物需要の増加に向けて国産、輸入ともにバラやカタロースの特売が組まれるケースも散見される。全体的に引き合いは強く、荷動きは底堅い。東京食肉市場の豚枝肉相場をみても、9月に比べるとやや軟調な展開となっているが、上物価格は500円絡みで推移している。
 一方、例年同様に出荷頭数は秋が深まるにつれて増加傾向となってきた。気温の低下によって増体も比較的順調だ。国内でのCSF発生などもあるが、出荷への大きな影響はみられず、相場に大きな混乱はない。農林水産省の肉豚生産出荷予測(10月19日発表)によると、10月の出荷頭数は148万8千頭と、前年同月から2%増の予測。平年比では3%の増加を見込んでいる。また、11月は144万6千頭と前年同月からは2%増(平年並み)を予測。今後も関東近郊や東北の産地では出荷頭数の増加が見込まれる。CSFだけでなく、気温が低下するとPEDなどの疾病の懸念も出てくるが、基本的に出荷頭数は増加基調が継続するとみられる。
 輸入豚肉については、チルドポークは堅調な荷動きが続く。9月からは台風の影響もあって通関の遅れなどもみられたため、比較的締まった展開となっている。国産豚肉同様、バラ系やロイン系を中心にスライス商材の特売などが組まれるケースも多く、引き続き量販店等の荷動きは堅調だ。農畜産業振興機構の豚肉需給予測(9月28日発表)によると、10月のチルドの輸入量は3万3千t(10・1%減)としている。北米の供給減に加え、コロナの影響により買い付け時の国内需要が低調だったことなどから、前年同月をかなり下回ると予測。3カ月平均(8〜10月)でも前年同期から2・9%の減少とみている。引き続き締まった展開が続くか(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top