食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本キャリアがトレー自動盛り付け機「AZ-341+P」を11月発売

 日本キャリア工業は、ベンディング(折り畳み)スライサー「AZ-341」専用のトレー自動盛り付け機「AZ-341+P」(型式=PZ1-200)をことし11月より発売を開始する。
 現行機のAZ-341はチルド温度帯の原料肉2本を左右同時にスライスして自動で折り畳み、鱗列して流すことができるが、トレーへの盛り付けはこれまで手作業で行う必要があった。今回発売するAZ-341+Pでは、「AZ+P」トレー盛り付けまで全自動化することにより、生産性向上や衛生面向上に加え、より一層の省人化対策に効果を発揮する仕様となっている。同社ではこれまで、ミンチ肉自動盛り付け機「ミンスパッカー(MP-117)」や、こま切れ肉自動盛り付けスライサー「ミートパッカー(KP-150)」などトレー自動盛り付け機能を持った製品を既に販売しているが、今回のAZ-341+Pには先行機種の開発で培った技術やノウハウを詰め込んだ。
 本機の特徴としては(1)1パック中のスライス枚数をコントロールして重量のバラツキを抑える(一列制御)(2)画像センサーを使って盛り付け位置を制御する(3)すでに導入済みのAZ-341へ現地加工で後付けが可能(4)自動盛り付けと手盛り作業の兼用が可能。トレー供給能力は最大24パック/分で、重量は680キロ。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top