食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「GoTo商店街」で地域に活気を、経産省が事業開始

 経産省はこのほど、GoTo商店街事業における実施事業者の先行募集を開始した。同事業はGoToキャンペーンのGoToトラベル、GoToイートに次ぐ事業で、各商店街の周辺地域で暮らす消費者や生産者などが「地元」や「商店街」の良さを再認識するきっかけとなる取り組みを支援するもの。イベントなどを実施するために必要な経費を補助し、地域に活気を取り戻していくことを通じて、商店街の活性化につなげることが狙い。
 食肉専門店や焼き肉店など、現在も商店街内に構えている店舗は多く、食肉業界でも周知し、商店街の活気を取り戻すことで、食肉消費の向上につなげたいところ。
 各商店街組織などの応募対象者は、GoTo商店街事務局にイベントなどの事業の実施を申請し、事業内容を提案。審査を経て採択された提案を国が支援する。申請可能な事業はイベントなどの実施(オンラインを活用したイベントも可)のほか、地域の良さの再発見を促すような新たな商材の開発やプロモーションの制作となっている。事業実施箇所は申請者の所在エリアおよび隣接するエリア(オンラインイベント、商材開発、プロモーションはエリア制限なし)で、上限額は300万円×申請者数。2者以上で連携し事業を実施する場合は500万円がプラスされる。対象経費は地域産品を活用した景品・販促品費、宣伝・広告に要する費用、アルバイト雇用費用、感染予防用品などの購入費用、地元パフォーマー等の出演費など。商品券や金券、パソコンなどの備品購入費用、施設整備費用などは対象外となる。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top