食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

 農水省は27日、食料・農業・農村政策審議会第48回家畜衛生部会を開催。ASFのゾーニング(地域主義)を適用したハンガリーからの生鮮豚肉の輸入再開について答申し、同国が行うASFの措置だけでなく、適切な上乗せのリスク管理措置を科すことで、ゾーニング適用した地域に限定して生鮮豚肉の輸入を再開することで了承した。今後、部会での委員からの指摘を踏まえ、家畜衛生条件を協議することとなる。ハンガリーからの生鮮豚肉の輸入は、2018年4月に同国内で野生猪からASF陽性確認を受け一時停止しており、同国からはゾーニングを適用した輸入再開の要請が出ていた。
 部会の事務局が提示した上乗せ措置は、ゾーニング適用を県単位とし、ハンガリーが指定する制限区域(ASF発生県およびその隣接県)に加え、制限区域に隣接している県も制限のある県と考え、それらに当たらない県を清浄な県と考えることとした。同国の考える制限地域に対し、より厳しい制限を求めることとし、現状、同国内の清浄県は5県。同5県に所在する農場およびと畜場由来の豚肉のみを輸入可能とした。豚肉自体については、ハンガリーの考える制限区域以外の由来、もしくはその他の清浄国で出生し飼養されたことを条件とし、出荷までの90日間は対日輸出用の指定農場(清浄県に所在し、バイオセキュリティも一定レベルにあると認められた農場)で飼養されていたこと、出荷する前にはASFの兆候がないことを検査し確認することを求める。また、指定農場が豚を導入する場合にも一定の条件を求めていくとしている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top