食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

 農水省は27日、食料・農業・農村政策審議会第48回家畜衛生部会を開催。ASFのゾーニング(地域主義)を適用したハンガリーからの生鮮豚肉の輸入再開について答申し、同国が行うASFの措置だけでなく、適切な上乗せのリスク管理措置を科すことで、ゾーニング適用した地域に限定して生鮮豚肉の輸入を再開することで了承した。今後、部会での委員からの指摘を踏まえ、家畜衛生条件を協議することとなる。ハンガリーからの生鮮豚肉の輸入は、2018年4月に同国内で野生猪からASF陽性確認を受け一時停止しており、同国からはゾーニングを適用した輸入再開の要請が出ていた。
 部会の事務局が提示した上乗せ措置は、ゾーニング適用を県単位とし、ハンガリーが指定する制限区域(ASF発生県およびその隣接県)に加え、制限区域に隣接している県も制限のある県と考え、それらに当たらない県を清浄な県と考えることとした。同国の考える制限地域に対し、より厳しい制限を求めることとし、現状、同国内の清浄県は5県。同5県に所在する農場およびと畜場由来の豚肉のみを輸入可能とした。豚肉自体については、ハンガリーの考える制限区域以外の由来、もしくはその他の清浄国で出生し飼養されたことを条件とし、出荷までの90日間は対日輸出用の指定農場(清浄県に所在し、バイオセキュリティも一定レベルにあると認められた農場)で飼養されていたこと、出荷する前にはASFの兆候がないことを検査し確認することを求める。また、指定農場が豚を導入する場合にも一定の条件を求めていくとしている。

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

 JA全農長野県本部は1日、大阪市中央卸売市場南港市場で第73回共進会を開催。「信州プレミアム牛」をはじめとする、県内からえりすぐられた黒毛和牛48頭が出品され、厳正な審査の結果、安塚益雄さんの出品牛が最優秀賞を獲得した。 最優秀賞に輝いた...
More

◆製品

More
Return Top