食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

鍋物動き活発化、年末まで牛は焼き材—量販店マーケット展望

 気温の低下に伴い、売り場は完全に秋冬仕様に切り替わった。葉物野菜の価格も落ち着いており、鍋物商材の動きが活発化している。これにより引き合いを強めているのが、豚肉のバラ、カタロース、ロース、鶏肉のモモ。これに加え、ミンチやつくね類が具材として多く消費される傾向にある。牛肉に関しては、年末商戦では和牛のスライス商材を訴求する企業が多いが、現時点では焼き材中心の動き。昨年に比べるとスポットの特売で和牛を活用する動きが広がっているほか、政策的に和牛の構成比を上げている企業も散見される。
 年末商戦の商談はほぼ終わったが、近年は12月の最終3日くらいしか〝年末感〟はない。節約志向も高まっているため、平日は11月、12月とも普段使いの商品が売れ筋になる見込み。内食需要の高まりを受け、ことしは牛・豚肉であれば切り落としや小間切れ、鶏モモ肉、ミンチなどの頻度品が売れ筋上位にあがってきたが、この流れを継続しつつ、内容量についてはやや抑え気味になっている。
 用途別には、鍋物商材の拡販に注力する動きが加速。中心となるのは豚肉と鶏肉だ。ことしは残暑が厳しかったことや葉物野菜が高止まりしたことなどにより、例年より鍋物商材の動き出しは鈍かった。そのため売り場の仕様変更時期をずらした企業もあったが、ここにきて両方の要因が解消され、動きも活発化している。
 ただ、牛肉については焼き材が中心の荷動き。年末商戦ではスライス商材の拡販に注力する企業が多いものの、勤労感謝の日やクリスマスでは焼き肉やステーキが売れ筋になりそうだ。焼き肉については和牛、交雑牛といった国産で対応する企業も多いが、ステーキに関しては1枚単価を訴求するため、輸入ビーフが中心になる見込み。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top