食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

食安委プリオン調査会、BSE対策SRM範囲見直しの議論開始

 内閣府食品安全委員会の第120回プリオン専門調査会(座長=眞鍋昇大阪国際大教授)が12日、東京・港区の同委員会会議室で開かれ、BSE(牛海綿状脳症)国内対策のうち、SRM(特定危険部位)の範囲の見直しに関する食品健康影響評価の議論を開始した。
 平成27年に厚労省から諮問されたBSE対策の見直しに関するリスク評価のうち、積み残しとなっていた事項の議論を再開したもの。諮問内容は、SRMの範囲を現行の「全月齢の扁桃および回腸遠位部並びに30カ月齢超の頭部(舌、頬肉、皮および扁桃を除く)、脊髄および脊柱」から、新たに「30カ月齢超の頭部(舌、頬肉、皮および扁桃を除く)および脊髄」に変更した場合のリスクの比較。SRMの対象範囲を変更した場合のリスク評価が求められている。
 9月の前回調査会でSRMの範囲の見直しについて審議していくことを了承し、今回、国内のBSEリスク管理措置の実施状況について、厚労省と農水省から報告を受けるとともに、起草委員から①SRMの範囲の見直しにかかわる評価の考え方案②評価書目次案—の提出を受けて意見交換を行い、本格的に議論をスタートさせた。審議の結果、これらの案については合意が得られ、今後、起草委員で評価書案の作成を進めることとなった。
 評価の考え方案では、国内牛肉のリスクに関する状況の変化として、飼料規制やSRMの除去などのBSEリスク管理の徹底により、国内牛肉の全体のリスクは、国内BSE陽性牛の初確認を受け対策を開始した当時(2001年)と比較して大幅に低下していることなどを指摘した(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

 JA全農長野県本部は1日、大阪市中央卸売市場南港市場で第73回共進会を開催。「信州プレミアム牛」をはじめとする、県内からえりすぐられた黒毛和牛48頭が出品され、厳正な審査の結果、安塚益雄さんの出品牛が最優秀賞を獲得した。 最優秀賞に輝いた...
More

◆製品

More
Return Top