食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

 日本政府は15日、テレビ会議形式で行われた第4回RCEP首脳会議で「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」に署名した。同協定は中国や韓国、豪州およびニュージーランドのほか、シンガポールやタイ、ベトナムなどのASEAN10カ国など計15カ国の協定となり、世界の国内総生産(GDP)や貿易額で3割を占める大型の自由貿易協定が発足することとなった。中国、韓国とは初めての経済連携協定(EPA)となり、早期の発効を目ざす。
 ただ、食肉関係については、関税削減および撤廃からは除外されており、日本側の関税に変化はない。唯一、インドネシア向け牛肉輸出については現状の関税率5%から発効後は即時撤廃または15年目撤廃となる。
 インドネシア向けはハラール方式で処理された牛肉のみ輸出可能で、昨年の牛肉輸出実績は1万2526kg(前年比12.0%増)、金額は6443万9千円(12.6%増)だった。

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

 JA全農長野県本部は1日、大阪市中央卸売市場南港市場で第73回共進会を開催。「信州プレミアム牛」をはじめとする、県内からえりすぐられた黒毛和牛48頭が出品され、厳正な審査の結果、安塚益雄さんの出品牛が最優秀賞を獲得した。 最優秀賞に輝いた...
More

◆製品

More
Return Top