食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

 11月も半ばとなり、例年であれば、出荷頭数が増加してくる10月以降は年末の需要期を前に一旦、相場は緩んでいく時期。しかし、ことしはコロナにより内食需要が底堅く推移していることから、現在も相場は500円超えの展開が続いている。東京食肉市場の豚枝肉相場をみると、10月の加重平均は上物価格536円、中物価格499円と、9月からは大きく下落したものの、前年からはそれぞれ30円以上の高値となった。過去10年の価格と比較しても、10月の上物加重平均価格が536円以上を記録したのは2017年(548円)のみであることからも、例年を大きく上回る相場展開となっていることがわかる。
 農水省の肉豚生産出荷予測(10月19日発表)によると、11月の出荷頭数は144万6千頭と、前年同月から2%増の予測。平年並みを見込んでいる。ただ、徐々に出荷頭数は増えているものの、これまでも出荷頭数は想定を下回ることが多い。引き続き量販店などの底堅い需要が下支えし、相場は下がり切らずに年末までいきそうな気配となってきた。
 気温の低下とともに、鍋商材のバラやカタロースなどのスライス系アイテムはさらに引き合いが強まっており、バラには品薄感がある。また、ロイン系は現状の荷動きはそれほどでもないが、年末に向けて引き合いは徐々に強まっていきそうだ。スソ物も堅調な荷動きが続いており、全体的に引き合いは強い。さらに国産冷凍物については市中在庫がかなり薄いため、年末の手当などもある中でバラ系などを中心にかなりタイトな状況にある。

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

 JA全農長野県本部は1日、大阪市中央卸売市場南港市場で第73回共進会を開催。「信州プレミアム牛」をはじめとする、県内からえりすぐられた黒毛和牛48頭が出品され、厳正な審査の結果、安塚益雄さんの出品牛が最優秀賞を獲得した。 最優秀賞に輝いた...
More

◆製品

More
Return Top