食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛マルキン生産者負担金の納付再開の条件設定へ—自民党

 自民党は14日、農林・食料戦略調査会、農林部会、畜産・酪農対策委員会を開き、牛マルキンの生産者負担金の納付再開の対応方針について承認した。
 それによると、ことし2月以降に新型コロナの影響で和牛の枝肉価格が大幅に低下したことから、肥育農家の資金繰り対策として4月から牛マルキンの生産者負担金の納付猶予(実質免除)を実施しているが、枝肉価格が10月には昨年とほぼ同じ水準まで回復していることから、生産者負担金の納付再開の考え方をあらかじめ定め、これを満たした時期から納付を再開することにしたいとした。再開の仕組みについては、肉専用種について月平均の枝肉価格が一定期間、一定水準を超えた場合には準備期間を経て納付を再開する。一定水準はキロ単価2,300円とし、この水準が3カ月を超えた場合。準備期間については2カ月間とし、翌々々月から納付を再開する。新たな仕組みの導入は来年1月から。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top