食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

農水省が輸出全国協議会、菅首相「加工施設整備進め拡大へ全力」

 農水省は、令和2年度農林水産物等輸出促進全国協議会総会を11日、東京都内のホテルで開催した。同協議会は、わが国の高品質で安全な農林水産物・食品の輸出を一層促進するべく、関係者一体となった取り組みを推進することを目的に、2005年に設立されたもの。農林水産業や食品産業、流通などの関係団体(172会員)で構成し、会長を茂木友三郎氏(キッコーマン(株)取締役名誉会長)が務める。日本食海外普及功労者と輸出に取り組む優良事業者の表彰を行うとともに、輸出促進政策の現状と課題を確認した。
 総会には菅義偉内閣総理大臣(写真)が出席してあいさつし「農産物の輸出拡大により地方の所得を引き上げることは、成長戦略、地方創生の重点課題として、これまで積極的に取り組んできた」として、自身が秋田の農家の生まれであることにも触れ「所得を引き上げれば、多くの人が地方に帰って農業を後継者としてしっかり育ててくれる。その思いで官房長官としても農業の改革を全面的に支援してきた」と強調。「これまで積極的に取り組んできた結果として、政権交代時と比較して昨年の輸出額は9千億円と倍増した。ことしは年初来、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況になったが、直近の10月は前年同月比21.7%増と大きく回復している。さらに輸出額を向上させるために25年に2兆円、30年に5兆円という大きな目標を設定した。その達成に向け、輸出拡大実行戦略を取りまとめた。牛肉をはじめとする27の重点品目を選定し、品目別、国別に目標を設定したところだ。輸出先国のニーズに特化した産地の育成などを支援するとともに、輸出先国の規制に対応した加工施設の整備をしっかりと進めていく。今後とも野上大臣、皆さまと力を合わせ、流通の拡大に向け全力で取り組む」とし、協力を求めた。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top