食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民党鳥インフル対策本部、さらなる家伝法改正視野に問題点議論

 自民党の鳥インフルエンザ等家畜防疫対策本部(江藤拓本部長)が20日、党本部で開かれた。冒頭、江藤本部長があいさつし、今シーズン発生が止まらず殺処分羽数が過去最高の604万羽にのぼる状況を踏まえ「本部長としてもこれだけの数になってしまったことに責任を感じている」としながら、現行の家畜伝染病予防法に基づく対処に限界があることを指摘。農水省、各都道府県もできる限りの取り組みをしているが、この状況であり「現状をしっかりと把握し、問題点をあぶり出していくことが必要。各市町村、都道府県単位でもかなりバラツキがあり、どうしてそうなっているのか。今後、この法律の縛りの中でいいのか、問題点はないのか」としつつ「2月のまん延する時期に入るが、緊急に法改正で対応することはむずかしい。しかし来年、再来年もあることであり、早急にPTを組み、法改正に向け検討を進めたいので意見をお願いする」と述べた。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top