食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

和歌山の養豚場で豚熱確認、豚熱.アフリカ豚熱防疫対策本部開催

 農水省は26日、和歌山県かつらぎ町の養豚農場で豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱.アフリカ豚熱防疫対策本部」を開催した。和歌山県での発生は昭和46年以来。同養豚場は繁殖豚34頭(うち雄3頭)、肥育豚256頭、計290頭を飼養。8日に子豚24頭に豚熱ワクチン接種(その他の豚についてもすでに接種済み)を行っていたが、24日にワクチン接種豚1頭が衰弱していたことから県家畜保健衛生所に通報。25日に農研機構で精密検査を実施したところ、26日に豚熱の患畜であることが判明した。ワクチン接種地域であることから、移動制限区域、搬出制限区域の設定は行わない。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top