食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚肉相場は引き続き底堅い展開、出荷頭数は伸び悩む 

 1都3県の緊急事態宣言は解除されていないが、感染者数は下げ止まりどころか、東京などの感染者数はむしろ増加傾向となっている。首都圏以外での宣言は解除されたが、飲食店の営業時間短縮などは継続しており、外食業態を取り巻く環境には光明が見えてこない。花見や歓送迎会などのイベントも自粛される中、行楽需要などは望めない状況だ。一方で内食中心に需要は比較的安定しており、荷動きは底堅い。緊急事態宣言の解除後もこうした状況は継続するとみられる。
 2月は緊急事態宣言が再発令される中、量販店などを中心にした好調な内食需要に下支えされ、全体的に引き合いは強い状況で推移。需要が好調で底堅い相場展開となる中、祝日が多かったこともあり、全国と畜頭数は7万頭を超える日もみられた。ただ、輸入物が通関遅れの影響でタイトだったこともあり、相場はおおむね500円絡みの展開となった。
 3月は2月に出荷頭数が多かったことへの反動もあり、全国と畜頭数が6万頭台前半となる日も散見される。農水省の肉豚生産出荷予測(2月24日発表)によると、3月は140万5千頭と前年同月比で2%減、平年比でも微減の予測となっているが、それよりもさらに出荷頭数が伸び悩む可能性もありそうだ。
 一方、需要については気温の上昇もあり、鍋物向け商材のバラやカタロースなどのアイテムは荷動きが鈍ってきたものの、ウデやモモなどは好調。引き続き内食向けの需要が旺盛であり、量販店などを中心に引き合いは強い。ただ、春休みで学校給食が中断すると、スソ物の荷動きは鈍っていく可能性もある。とはいえ、飲食店などでは引き続き厳しい状況にあるものの、全体的な荷動きは悪くない。首都圏を除いて緊急事態宣言は解除されたが、引き続きさまざまな制限がある中、例年のような行楽需要などは見込めないが、量販店などを中心に引き合いは強く、3月も相場を大きく下げるような要因は見当たらず、引き続き500円絡みの展開となっている。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top