食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

和牛の脂肪質は多汁性・風味にも影響—家畜改良C入江理事長が講演

 第45回食肉産業展(千葉県・幕張メッセで開催)の食肉情報セミナーで9日、独立行政法人家畜改良センターの入江正和理事長(写真)が「和牛における脂肪質と食味性」と題し講演。脂肪質やオレイン酸について、以前から知られている口溶けの良さだけでなく、新たに多汁性や風味にもかかわりがあることが判明してきたことなど、最新の知見を紹介した。それによると、和牛において脂肪交雑は価格や食味性に影響する重要な形質で、改良の結果、その向上が進み、現在黒毛和牛去勢の半分がA5となっている。そうした中、次の改良目標としてあげられるのが脂肪質。和牛の特徴は、オレイン酸などの一価不飽和脂肪酸(MUFA)含量が高いことであり、現場で迅速に光学測定が可能。食味との関係では、舌触り(融点)のみが注目されてきたが、多汁性(ジューシーさ)にも、脂肪酸は風味(うまみや香り、におい)にも関係し、食味すべてに影響することが明らかになってきた。
 入江氏は多汁性について、肉を焼いたときに水分を保持する保水性という能力が重要であることを指摘。多汁性のある肉は保水性が高く、水分が多く残りジューシー。一方で多汁性のない肉は水分が抜けてパサパサとなる。しかし「和牛肉は脂肪含量が多いもので50%を超え、元来もっている水分が少ない。それなのになぜジューシーなのか。その理由は、保水性が高いこともあるが、やはり脂肪が組織の中でしっかりと残っており、それをかむことで、口中で脂肪が溶け、液汁性を感じさせるから。だから、和牛の多汁性、ジューシーさが感じられると皆さんが評価されるのは、脂肪の質が関係しているということになる」と説明した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top