食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

和牛肉価格コロナ前上回り回復、販路多様化など事業貢献

 野上浩太郎農水大臣は6日の閣議後会見で、補正予算において、生産者の支援や国産農産物への消費喚起に取り組んだ上での成果や課題について問われ、「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農林漁業者、関連産業に従事している人の生産基盤を守るために、販路多様化の取り組みなどを令和2年度に成立した補正予算によって講じてきた。
 具体的には、需要の減少や価格の低下などによる影響に対して、国産農林水産物等販売促進緊急対策事業では、学校給食についてすべての都道府県に同事業を利用した形で対象品目の提供が行われるなど、広く活用してもらった。その結果、和牛肉については昨年4月の価格が前年同月を約3割下回っていたが、ことし4月にはコロナ禍前の価格を上回る水準まで回復し、販売・流通環境の改善に貢献したと考えている。引き続き農林水産関係事業者への影響を注視しつつ、補正予算と令和3年度予算の着実な執行に努めていきたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top